FC2ブログ
静岡の四季(人・もの・自然)
ネットショップ[こだわり逸品屋]のブログ <商品の紹介> <職人・生産者の紹介> <商品開発秘話> <店長のひとりごと> <世間話>など 静岡の四季折々の画像をおりまぜながら発信!
200705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200707
伊豆マラニック紀行8 三島~箱根~熱海
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日の静岡県裾野市は曇りです。
湿度が高く少し蒸熱いです。

今回は伊豆マラニック紀行の8回目になります。
今回のコースは、自宅のある三島から国道1号線をのぼり、箱根の十国峠を経由して熱海駅までの約35kmです。

このコースは箱根西麓の丘陵を登るので足腰を鍛えるにはもってこいのコースだと思います。

スタートは9時半です。
緩やかなのぼり坂をゆっくりと箱根エコパーキングに向けて上ります。
国道1号線を走るのですが、歩道がしっかりと確保されていてガードレールも設置されているので安心して走れます。

しばらくすると畝堀で有名な山中城跡があります。
今では城跡ですが、格子状になった畝堀は一見の価値があると思います。

山中城跡を過ぎると少し傾斜がきつくなります。
ここからが箱根西坂の正念場です。
大きく呼吸をしながら上体を前傾姿勢にして上っていきます。

しばらく上り坂を我慢すると右側にゴルフ練習場が見えます。
ここまで来るとエコパーキングまでわずかです。

以前はこのパーキングに隣接してコンビ二があったのですが、いつの間にかなくなってしまいました。
何かと便利だったので、なくなってしまい残念です。

エコパーキングで小休止してGSがある信号を十国峠方面に右折します。
ここから熱海までの間は歩道がせまい上、自動車やバイクがスピードを出しているので注意が必要です。

ただこの道沿いの風景は国道1号線とはガラッと変わりきれいな緑が広がります。
この道沿いは、手付かずの原生林が広がり鮮やかな黄緑色の景色が広がります。
また、右側の眼下に広がる函南と三島・沼津の街並み、とおく駿河湾を望む景色は本当にきれいです。
強くお勧めします、ぜひ見てください!

しばらくすると十国峠のレストハウスです。
ここで小休止です。
ここでお勧めしたのが売店奥にある水道水です。
何の変哲のない水道なのですがおいしいです。
ドライブインで水をお勧めしますというとお店の人に怒られそうですが本当においしかったです。
場所は、ドライブインのお土産売り場の奥にあるトイレの横です。
良かったら試しに飲んでみてください。

ここまで来たら後は熱海まで下り坂を下りるだけです。

周りの緑を楽しみながら重力にまかせてゆっくりと下ります。
途中に姫の沢公園熱海梅園を通り過ぎ、熱海駅に到着です。
到着時間は14時30分です。
所要時間は5時間になります。

最後に、熱海駅前にある「家康の湯」という足湯に浸かりながら十国峠のドライブインで汲んできた水道水を一気に飲み干します。

「あー疲れた、でも気持ちよかった。」
この走り終えた爽快感と達成感は何ものにも変えがたいです。







スポンサーサイト



人は、意見をぶつけ合うことで磨かれる
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日の静岡県裾野市は曇りです。
暑い日が続いたので涼しくてほっとしています。

今日は仕事をする上で避けることができない「意見の衝突」について書きたいと思います。

誰もが「良い仕事がしたい」思っていることでしょう。
この思いが強ければ強いほど、仕事の仕上がりは良いと思います。
そして、思い入れが込められた仕事には自信と自負もあります。

しかしその自信はあくまでも自分の主観によるものであり、客観的にみてお粗末である場合も多々あると思います。

ただ、それを指摘されて「はい、その通りですね」と認めることはなかなかできないものです。
ましてそれが「思い入れの強い仕事」であればなおさらです。

しかしここで考えなければいけないことが一つあると思います。
それは、その仕事はどういう目的のための仕事なのかということであります。
ほとんどの場合は、自分を満足させる以外に目的があるのではないでしょうか。

そうであれば、会社からお給料をいただいて仕事をしている限り、その目的を達するために最善を尽くさなければなりません。
たとえそれが自分が満足できない仕事であったとしてもです。
あくまでも最優先されるのは、目標の達成でありそのための仕事なのです。

そう考えることによって、他者からの意見を冷静に受け止めることができるのではないでしょうか。
また、謙虚に聴けるのではないでしょうか。

そして何が自分と違うのかを確認するのです。
その違いを認識できただけでも、今後の仕事に有益なはずです。

またその違いを取り入れることで目標が達成できるのであれば、積極的に取り入れる謙虚さも必要でしょう。


これらのことは、すべて自分以外の人と意見を衝突させあうことから派生したことです。
このように意見をぶつけて、謙虚になることで自分をどこまでも向上させることができると思います。

しかし残念なことですが、現在は他人と意見を衝突させることを避けます。
波風を立てることを極端に嫌う風潮にあります。

意見をぶつけることを避けるということは、どちらかが「妥協しているのか諦めているか」のどちらかだと思います。
果たして、これらの先にある仕事は良い仕事と呼べるのでしょうか。

人にはそれぞれ「その人にしかできない仕事」があると思います。
一人ひとりの姿や形、性格や特性が違うようにです。

その中から自分にあった仕事を見つけて、その仕事で最高のパフォーマンスを発揮する。
それがその人に課せられた責任であると考えます。
その責任を果たすためにも、納得できる他者の意見を取り入れて最高のパフォーマンスをすることです。

これは、他人の意見に屈することではありません。
また妥協や諦めとも違います。

あくまで目的を達成するために自分の能力を高める。
そして高めた能力で目標達成のために最高のパフォーマンスをする。
すべては、目標達成のためなのです。
そのために他者の意見を取り入れるのです。

良い仕事をするためには、自分の成長が不可欠です。
自分の成長のために恐れることなく、どんどん意見をぶつけ合いましょう。






高校時代の思い出
こんにちは。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

この前の予報で梅入りしたとのことでしたが静岡県裾野市はとても良い天気です。
今日も暑くなりそうです。
カラ梅雨は困りますが、夏らしい暑さは大歓迎です。

夏といえば苦い青春の思い出があります。
それは、高2の夏休みもあと数日で終わろうかという頃の話です。

出不精の私は、その日も朝から暑い部屋でごろごろしていました。
そんな時に何の脈絡もなく「今という瞬間は今しかないんだよな。」と思ったのです。
そして、こうして考えているこの瞬間も過ぎ去っているのだなと思ったのでした。

わかり切っていることなのですが、あらためて考えてみると妙に感心したことを覚えています。
そして感心した気持ちは、何かをしなくてはという焦りに変わり、わけもなく腹筋運動をしたことを覚えています。

だらだらと過ごしたことに罪悪感を感じ、過ぎ去った夏休みに感傷的になったりしました。

あのような虚しい思いは2度と体験したくないものです。
その一件がきっかけとなり「時間を無駄にしてはいけない」という意識が芽生えたように思います。

とりとめもない話でスミマセン。




落合ハーブ園だより8 手間は惜しみません
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

本日の静岡県裾野市のお天気は曇りです。
気温は21度です。
少し蒸しています。
来週の月曜日まではぐずついた天気で梅雨を感じさせます。

今日は、落合ハーブ園だよりの8回目になります。
前回の報告からずいぶん間があいてしまいました。(スミマセン)

あれからハーブたちもどんどん成育しておりました。
そして無農薬農法の宿命である雑草も一緒に生育しております。
今は雑草取りに追われる毎日のようです。

安全でおいしいハーブのために手間は惜しみません。
それでは、また。
伊豆マラニック紀行7 熱海~宇佐美
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今回は伊豆マラニック紀行の7回目です。
今回は熱海~宇佐美までの17.6kmの区間を走ってみました。

熱海駅の改札を出てアーケード商店街のなだらかな下り坂をゆっくりくだります。
温泉饅頭のにおいが鼻をくすぐります。

熱海は本当に坂が多い町です。
坂を下りきり、市役所前の交差点をまっすぐ進んで50m先の右に「ほていや」というおいしい蒸しパン屋さんがありました。

今は、マックスバリュー熱海店にテナントとして入っているようです。
ほていや」の栗蒸しパンは本当においしいのでみなさんも熱海に行った際はご賞味ください。

清水町の商店街を伊東方面に向かい一つ目の上り坂にかかります。
少し走ると左手に錦ヶ浦の絶景が望めます。
高くて目がくらみそうです。

右手には「アカオハーブガーデン」です。
今はバラがきれいです。

おしゃれな赤レンガの歩道をしばらく走ると左に初島がきれいに見えます。
ここから先は歩道が極端に狭くなります。
しばらく景色を楽しむのも我慢です。
安全に走ることに集中します。

網代漁港前の干物やさんを眺めながらゆっくりと走ります。
それから3つのトンネルをくぐり緩やかな下り坂になると左下に宇佐美海岸が見下ろせます。
今回のゴール地点です。
ここまで来てやっと視界が開けます。

今日もたくさんの若者がサーフィンを楽しんでいます。

今回の
走行距離:17.6km
走行時間:2時間

【おススメポイント】
・熱海駅前の家康の足湯
・アカオハーブガーデン
・錦ヶ浦
【食べ物】
・マックスバリュー熱海内の「ほていや」栗蒸しパン
・網代の干物

メタボリック脱却
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今の静岡県裾野市の天気は曇りで時より日が差しています。
今日も蒸し暑くなりそうです。

以前、メタボリック症候群の脱却のためにジョギングを始めた話をしました。
体重も順調に下降線をたどり60kg台になっております。
何とかメタボリック症候群は脱出できました。
目標達成です。

元来凝り性の私は、徹底的にやらなければ気が済まない性質です。
そのためにジョギングの時間も1時間から2時間になり、距離も2.5倍ほどに伸び、起床時間も30分ほど早くなりました。

日中の仕事に悪影響が出ない程度に続けていこうと思います。


声と文字に思いを込めて
こんにちは。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

少しムシムシする陽気の静岡県裾野市です。

先週の土日、静岡県富士宮市にて「B1グランプリ」が開催されました。
昨年に続いてわが静岡県の「富士宮焼きそば」が2連覇を収めました。

また、今回初出品のわが裾野市の「すその餃子」は4位と健闘しました。
多くの方の支持をいただき誠にありがとうございました。
ご賞味いただいていない方は、ぜひ一度お試しください。

今回は、つれづれなるままに書かせてもらいます。

自分の思いを相手に伝える手段としてすぐに浮かんでくるのは「声と文字」です。
そのほかにも音楽や踊り、絵や写真、彫刻などの芸術や料理などもそれにあたるでしょう。

しかし、なんといっても声と文字が一般的です。

つい最近、大切に思っていた方が亡くなりました。
その方は、「声や文字」をつかう仕事をしていました。
私は、その方の発する声と文字にどれだけ多くの勇気をもらったか計れません。
本当に残念です、ご冥福をお祈りいたします。

このことをきっかけに、あらためて声と文字から受ける印象の違いについて考えさせられました。
同じことを他人が同じように発しても受ける印象はまったく違います。
その違いは何のか。
そこを、しばらく考えさせられたのです。

そして一つの答えらしきものが浮かんできました。
それは、声や文字に込められる思いの強さと深さの違いが受け手にとっての印象の違いなのではないかということです。

人は自身の内にある思いを声と文字で表現しています。
それならば、その声や文字の力は、思いの強さと深さに比例するのではないかと思うのです。

そしてその思いが強く深いほど、受け手の心の琴線を激しく振れさせるに違いありません。

こだわり逸品屋は、インターネットショップという性格上「文字と画像」を使って表現しています。
力不足のためからお客さまには、わかりにくいところもあろうかと思います。

だからこそ、表現力の未熟なところは「良いものをお客さまにお届けしたい」という強い思いでカバーしつつ今後も精一杯運営していきますので、どうか今後ともこだわり逸品屋を宜しくお願いいたします。





伊豆 無料足湯6 さくらの足湯処(河津町) 
こんにちは。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日の静岡県裾野市は快晴です。
とても気持ちの良い朝を迎えております。
空気もカラットしており、とてもさわやかです。

今回は「伊豆の足湯情報」の6回目になります。
今日は河津町の笹原公園の足湯をご紹介します。

20070604093157.jpg

20070604092829.jpg

正式名称は「さくらの足湯処」と言うそうです。

設備が整っています。
20070604092915.jpg

20070604092904.jpg

20070604092925.jpg


この時期はバラが目を楽しませてくれます。
20070604093132.jpg

20070604093120.jpg

20070604093106.jpg

20070604093052.jpg

20070604093039.jpg


お湯の温度は、若干ぬるめです。
しかし、10分ほど浸かっていると全身から汗がにじんできます。
20070604092904.jpg


このさくらの足湯は、住宅街の中にあるためとても静かにゆったりできます。
ぜひ、お好きな本でも持っていって見てはいかがですか。

笹原公園の場所はこちらで確認できます。
あの人がいたから
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日は、6月1日の金曜日です。
早いもので2007年の前半もあと一月となりました。
仕事をこなすのがやっとで、仕事の質まで気が回らなかったことを反省する5ヶ月でした。

特に先月は公私ともに諸々なことがあり、少々混乱気味の頭を抱えての1ヶ月でした。
今日は久しぶりに一日中事務所での仕事なので混乱気味の頭をクールダウンさせながら残りの上半期の1ヶ月を有効的に使うために再度計画を立て直そうと考えています。

今日は、伊豆に働く魅力的な人とのお話の中で感じたことをお伝えする「ひと」の5回目です。
今回は、「人はお互いに影響し合っている」というテーマで書きます。

皆さんにも、あの人がいたから「今の自分がある」・「あの時頑張れた」という人がいらっしゃると思います。

「今まで消極的だった自分が先輩の一言によって積極的な自分になれた。」
今週、魅力人から聞いた一番印象に残った一言です。

一般的には、なかなか変わらないのが人だと言われます。
確かに一側面から見ればそうかもしれません。
長い間で培ってきた性格ですから簡単に変えることはできないでしょう。
しかし、その反面強い感動や感銘を受けることで変わることも事実です。

また、そこまで劇的な変化はなくても日常の中で小さな変化は、皆さんも日々経験しているのではないでしょうか。

順調なときはなかなか気づきませんが、行き詰った時や困難に直面した時などは気づきやすいものだと思います。

そのような状況の時に、親身になって話を聞いて励ましてくれる人ほどありがたい人はいません。
そしてその人の言葉ほど心に入ってくるものはないのです。
まわりに一人でもこのような人がいれば、とても幸せなことだと思います。

そしてここで大切だと思うことは、変われた自分が今度は励ます存在になっていくことだと思います。

なぜなら、あなたを励ましたその先輩はあなたの成長を願って励ましたのです。
その気持ちにこたえるには、先輩があなたにしたように後輩を励ます存在になることです。

そして先輩から始まった「励まし」を広げることで、気がつくと周囲には笑顔と希望に満ちた人で一杯になっていることでしょう。

そのためにも「他人を励ませる自分」であることが大切だと思います。
持ち前の明るさと負けん気の強さで日々の課題に挑戦してください。
周りの人にとって太陽のような存在であることを願います。



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.