FC2ブログ
静岡の四季(人・もの・自然)
ネットショップ[こだわり逸品屋]のブログ <商品の紹介> <職人・生産者の紹介> <商品開発秘話> <店長のひとりごと> <世間話>など 静岡の四季折々の画像をおりまぜながら発信!
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
ガーン。
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

本日2回目の書き込みになります。
先日、犬の散歩中に倒れたおじいさんの続報です。

昨日のジョギングのとき倒れたと思っていた男性のご老人とすれ違ったので「もうお体は大丈夫ですか?」と声をかけました。

すると少し怪訝そうな顔を見せたその老人は何かに気づいたように「自分ではありません」
「あの方は倒れた2日後に亡くなったそうです。」と言われました。

ガーン。
突然の展開に頭が真っ白です。
ショックです。
残念です。
お悔やみ申し上げます。
ご冥福を祈ります。


スポンサーサイト



カリカリしてもしょうがない。
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

月末の忙しさに少しカリカリしています。
山ほどある仕事と格闘中です。

しかし、カリカリは良くないですね。
自分のカリカリが周囲の人に伝染するからです。

きっと自身から放たれているカリカリに他人のカリカリが呼応するのでしょう。

カリカリはカリカリを呼ぶ。
そして気がつくとカリカリに囲まれ周囲がカリカリ一色になっている。

この雰囲気を打開するには・・・・
気を静めてリフレッシュすることが第一ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あーっそうだ!
今時こそハーブティを飲もう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しょうもない話ですみません。
結局宣伝になってしまいました。

でも当店のハーブティは「ほっと」できます。
ぜひカリカリしている時に当店のハーブティを試してみてください。

きっとカリカリが治まります。


たくさんのご来場ありがとうございました。
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

気持ちの良い青空が広がっている静岡県裾野市の事務所で書いています。
先週の土・日で「フェスタ裾野」という産業祭に参加してきました。
初日は台風が接近する中での開催となり雨と大風との戦いとなりました。
当然のことながら来場者もわずかでありました。

しかし2日目は前日の風雨がうそのように晴れ渡り、気温もグングンうなぎのぼりに上がり初夏を思わせるような陽気となりました。
お天気にも恵まれたくさんの方に来場していただきました。

当店では無農薬有機栽培のハーブティの試飲と西伊豆の自然海塩で味付けした白米のおにぎりの試食販売をさせていただきました。

30リットル用意したミネラルウォーターが3,4時間ほどでなくなるほど多くの方に試飲していただき、自然塩で味付けしたおにぎりもあっという間になくなりました。

また、たくさんの方から商品についてのご質問もいただき、生の声をたくさん聴く事ができたいへん参考になりました。

ご来場くださったお客様たいへんありがとうございました。
今後も静岡県東部・伊豆に点在する逸品をご紹介していきますので今後ともこだわり逸品屋を宜しくお願いいたします。

★まだデジカメの調子が悪く当日の写真がアップできません。
 直り次第当日の模様をアップします。
 すみません。



伊豆 無料足湯10 雛の足湯(東伊豆町稲取) 
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

本日は稲取温泉の足湯をご紹介します。
雛の足湯といいます。
稲取駅から10分ほど歩いた稲取温泉文化公園内にあります。

足湯は露天が3湯、内湯が1湯の4つの足湯を楽しめます。
(写真を撮ってきたのですが、カメラの調子が悪いので後ほどアップします。)
どの足湯もしっかり造られているという印象を受けます。

お湯はぬるめですので、時間をかけてゆっくり浸かりましょう。
料金はもちろん無料です。
公園内あるので時間や休みはないでしょう。

また、隣接した郷土施設ではつるし雛を見ることができます。
つるし雛は、手作りの雛飾りを天井からつるして桃の節句を祝う、稲取独特の風習です。
華やかなつるし雛は、一見の価値ありです。

場所はこちらから確認できます。

歩道を整備して
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

きょうも静岡県裾野市は晴れています。
雪をかぶった富士山が、事務所からくっきりと見えます。
気持ちのよい朝です。

伊豆の幹線道を走っていると気づくことがあります。
それは、伊豆の道は歩行者に配慮してつくられていないということであります。
歩道が極端に狭く、場所によっては歩道そのものがないところもあります。

伊豆のように街と街の間が何十キロの離れている地域では、自動車に重点を置いた道作りになることもしょうがないのでしょうが。
それにしても歩道がおざなりになっているようです。

もう少し歩道を整備することで、ウォーキング愛好家やハイカー、ジョガーなどの人が伊豆を訪れると思います。

伊豆の景色を眺めながらのジョギングやウォーキングは楽しさも倍増することでしょう。

いまや空前の健康ブームといわれています。
そして伊豆には温泉があります。
また新鮮な食材がたくさんあります。

体を動かして、温泉で疲れを癒し、美味しい食事で腹を満たす。
これほど心身にとって健康的なことがあるでしょうか。

これも伊豆の歩道を整備することで可能なのです。
ぜひ歩道を整備してください。

伊豆を愛するオヤジより






もどかしい
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋です。

きのうに引き続き快晴の空が静岡県裾野市上空に広がっています。
とても爽快な気分です。

昨夜の気分とは180度ちがいます。
それはとても「もどかしい」思いをしたからです。

仕事から帰宅し、いつものようにランニングの準備を整えてから出発しました。

走り始めて10分ほどすると緩やかな上り坂にさしかかります。
しばらくすると歩道に5,6人の男性たちが屯しているのが見えました。
気にせずそのまま通り過ぎようとしたときに「この近くの方ですか?」と呼び止められました。
そうであることを伝えると「この犬の飼い主をご存知ありませんか?」とたずねられた。

どういうことなのか事情を聴くことにした。
どうやら犬の散歩中に男性が倒れ、身元がわからず途方に暮れていたようである。

また頭を打っているらしく、早くご家族に連絡してあげたい。
所持品も犬の散歩グッズのみで犬の首輪にも住所等がわかるものはなかった。

結果的には、1時間ほどして帰りの遅い事を心配したご家族が探しに来られたので連絡がついてよかったが、そうでなっかたらと思うと気持ちがブルーになった。

外出するときは必ず身元がわかるものを所持することが大切であると思った。
まさか自分が倒れるとは思ってもみないが、倒れないという保証はないのである。
1秒先は何が起こるかは誰にもわからない。

その男性が連れていたワンちゃんには見憶えはあった。
そして飼い主の方の顔も思い浮かんではいた。
しかし、住まいまでは知らなかった。

この何でもデジタル化されているこの時代に、なんとも言いがたい「もどかしさ」を感じた出来事でした。


アルミ暖健康毛布が大好評です。
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

本日も静岡県裾野市は晴れです。
すっきりした秋晴れとまではいきませんが、空気がカラッとしてさわやかです。

本日はお買い得情報なお知らせです。
当店で先週から急激に売り上げが伸びているのが「アルミ暖健康毛布」です。

製造は静岡県富士宮の菊川製作所で、発売から20年以上にわたり売れ続けているロングセラー商品です。
性能は抜群で20年間売れ続けていることが何よりの証拠です。

今回はこのアルミ暖健康毛布を全国送料無料でお買い求めいただけます。
ぜひこの機会に「アルミ暖健康毛布」をお試しください。

詳細は当店HPにてご確認ください。
http://www.1pinya.jp




お得情報9 コーヒー+パン=150円~
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

きょうの静岡県裾野市の天気は晴れです。
朝方はかなり冷え込んでいました。
しかしお日様が高くなり、あたたかくなってきました。

本日は久しぶりにお得情報をお知らせします。
入れたてのコーヒーが100円で飲めて、自家製のパンも50円から食べられるレストランです。

それは伊豆長岡にある「プリンスベーカリー」さんです。
雑誌にも取り上げられているのでご存知の方もいらっしゃるのでは?

地中海の建物を連想させる白亜の建物が温泉街にひときわ目立っています。
中に入ると高い天井と広い間隔で配置されたテーブルに開放感を感じます。
入って正面に自家製のパンが美味しそうに並んでいます。
そしてコーヒーの香ばしい匂いがさらに食欲を誘います。

価格もお手ごろで、コーヒーは100円、自家製パンも50円からあります。数百円もあれば大満足のティータイムを過ごせます。

さらにランチタイムにはお得なセットもあるようなのでさらにありがたいですね。

駐車場も20台分ほどあるので車で来ても安心です。
伊豆での一休みスポットとしておススメします。
プリンスベーカリーの場所はこちらから確認できます。

KY
こんにちは
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

寒くなってきました。
金木犀の香りも日を追うごとに香りを強めています。
通りに落ちている野栗を拾う人の姿もチラホラ見らるようになりました。
秋は確実に深まっているようです。

最近の流行語で「空気を読む、KY」という言葉があります。
ラジオで聞いた話によると楽しい雰囲気をぶち壊すような言動をKYと呼ぶのだそうです。

風潮、時流をつかんで乗る。
周りの雰囲気をつかんで盛り上げる。
よい人間関係や商売を繁盛させるために空気を読むことが大切であることはいうまでもありません。

しかし支配している空気に何が何でも乗らなければいけないということは少し違うように思います。

なぜなら、その空気の内容が良くない場合もあるからです。
その場合は空気を読んで乗ることは悪いことに加担することになってしますからです。

だから空気の内容によってはKYになることも必要です。


空気を読むことは、人を楽しませるためにするのです。
話題の内容で不愉快な思いをする人がいるのなら、それを正すことが先です。
このときの言動がKYならば大いにKYになるべきです。

しかしKYになるには勇気が必要になります。
なぜならKYになることで自分に危害が及ぶこともありうるからです。

悪い空気は許さないという信念を持つことが大切になります。
しかし言うことは簡単ですが実行することは大変です。

とにかく勇気と忍耐を必要とします。
そして自身の妥協やあきらめの心と戦い続け勝ち続けなければなりません。

では「この戦い」に勝つためにはどうしたらよいのか。
それは「この戦い」を実践している人をお手本にすることだと思います。

武道や茶道などを身につけるために、その道を極めた師匠について修行するのと同じです。

よく周りを見回してください。
きっと師匠となる人がいるはずです。

中には見当たらない場合もあるかもしれません。
しかし落胆することはありません。
そのときは自身の心で想った「弱い心と不当な外圧に負けたくない」というその心を師とすれば良いのです。

その戦いをしているうちに「この人だ」という人が現れるはずです。
それまでの間、あなたの中にある「強い心」を勇気を持って引き出し続けるのです。

誰とでも仲良くすることは大切なことです。
しかし、悪いことを見ないふりをした仲良しは本当の意味での「仲良し」とは言えない思います。

時には自分と友の為にもKYになりましょう。

とりとめのない話にお付き合いただき、ありがとうございます。








伊豆マラニック紀行10 三島~修善寺
おはようございます。
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

昨日からの雨がまだ降り続いている静岡県裾野市の空模様です。
気温も20℃を下回り肌寒さを感じます。

きょうは、先週走ったマラピックの模様をお知らせします。
コースは三島~修善寺までの約22kmです。

スタートは午後1時過ぎです。
お気に入りの日大前の銀杏並木を過ぎて三島大社前から下田街道を南下します。
大社前の旧東海道は電柱が一本もない通りです。
通りの景観を考えて電線を地中に埋めているそうです。
そのため遠くまで見渡せてすっきりしました。

大社前の交差点に丸平商店というおにぎりカフェがあります。
美味しいですので一度ご賞味ください。

下田街道を1kmほど南下すると国道1号線です。
今この交差点の立体交差工事のまっさい中です。

しばらく南下すると大きな橋をわたります。
この橋は蛇が橋といいます。
この橋を渡ると一気に田園風景に変わります。

下田街道の車線も片側1車線になり両側の建物も商業施設から民家になります。
華やかさは消え地味な感じを受けます。

私はこの橋をわたると伊豆にきたなと感じます。

ここから伊豆長岡まではお寺と民家が続きます。
途中にイチゴ狩りと江川坦庵で有名な韮山を通り伊豆長岡の町に入ります。

伊豆長岡駅前の交差点を右に曲がると温泉街です。
この日はアクシスで田方農業の生徒たちが草木をきれいに植えつけていました。

前にもご紹介しましたが、この施設の入り口にある「姫の足湯」は程よい温かさで肌もすべすべになると評判の温泉です。

足湯ではなく本格的にお湯を楽しみたい方は、姫の足湯前を通り過ぎ、真っ直ぐ行った突き当たりに「あやめ湯」という共同浴場があります。

また、下田街道に戻り大仁方面に南下します。
しばらく行くと右手に旧大仁町役場があり、その奥に「道の駅 伊豆のへそ」があります。

この道の駅は「伊豆揺らんパーク」と同じ敷地にあります。
下田街道からではわかりづらいのですが、ここもお勧めポイントひとつです。

伊豆半島は、映画やドラマのロケがよく行われます。
そのロケのときに使われたセットや台本などが展示されたおり、ちょっとした雰囲気に浸ることができます。

昔、小学校で使っていた机と椅子がおいてあり喫茶もあります。
一休みするにはもってこいのスポットです。

道の駅を過ぎて橋を渡ると修善寺もあとわずかです。
右手に大きな岩山を見ながら川沿いをしばし走ると今回の終点である修善寺駅です。

到着時間は4時半です。
天候は穏やかで気温も走るには適温でした。
快適に走ることができました。

このコースはアップダウンのないコースなので、景色を楽しみながら走れると思います。





copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.