FC2ブログ
静岡の四季(人・もの・自然)
ネットショップ[こだわり逸品屋]のブログ <商品の紹介> <職人・生産者の紹介> <商品開発秘話> <店長のひとりごと> <世間話>など 静岡の四季折々の画像をおりまぜながら発信!
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
最後の白枇杷農家
numazu 009

おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

現在、午前6時過ぎですが、
県東部の空は快晴です。
気持ちの良い一日になりそうです。

先日、裾野ジャーナルにて土肥の白びわを販売させていただきました。
多くの方にご注文いただき誠にありがとうございます。

なかには売り切れのためお断りさせていただいたお客様もあり、申しわけありませんでした。
次回は十分に確保してご紹介しますので、またよろしくお願いします。


今回ご紹介した白枇杷は温室物で時期は4月下旬から5月下旬になります。

白枇杷は明治初期、当時中国を訪問した静岡県知事によってもたらされたそうです。
その持ち帰った種子を県下十数か所で栽培を試みたところ、西伊豆の土肥にだけ根付き実を付けたそうです。

当時の土肥はこれといった産業もなかったので名産品ができることで市民は喜ばれたそうです。
しかし、商品化にはいくつかの課題があり、かなり苦労されたといいます。

またやっと商品化にたどりついた白枇杷も、伊豆を襲った自然災害で壊滅状態に見舞われます。
その復興の最中、3軒の農家さんが白枇杷の栽培に立ち上がりました。
災害前の規模には届かないものの白枇杷は復興しました。

しかし、生産者の高齢化のため一軒また一軒と白枇杷農家は消えていきます。

最後の白枇杷農家となった鈴木氏はいいます。
「白枇杷は美味で香りも格別、また気品が漂う果物だ。」

「しかしこれを生業とするのは難しい。並大抵ではない。」

「わしも若ければ無理もきくが、高齢者(とし)だ。」

「あと何年できるか・・・・」

「しかし私の後に続く者がいない。」

「白びわが途絶えることが残念だ。」
と、顔に苦渋がにじんでいました。


かける言葉が見つからない…


地方では過疎化と高齢化に歯止めがきかないといいますが、それはここ西伊豆でも例外ではない。
















スポンサーサイト



土肥の白びわ-露地モノは6月中旬・温室モノは6月初旬まで
numazu 009
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日の県東部は雨です。
梅雨の走りなのでしょうか?
日中は雨足が強く突風も吹くそうですので、こちらにお越しの方は充分にご注意してください。

西伊豆の土肥には、この地でしかとれない白びわという果物があります。
ゴルフボール大で薄い黄色をしています。
numazu 023
糖度が高いのですがあっさりした甘さで、上品な香りが特長です。

土肥の特産品である白びわですが、現在の生産農家は1軒だけになりました。
何軒かあった生産者は様々な御事情でやめられたそうです。

貴重な白びわです。
多くの方に味わっていただければいいのですが。

numazu 008

numazu 021
伊豆 無人販売所17 猪之頭の販売所(富士宮市猪之頭)
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今回は美味しそうな「からしみそ」を売る無人販売所をご紹介します。
ブログネタ 010
富士宮市猪之頭にある田丸屋のワサビ田の隣にあります。
猪之頭近辺は水がきれいらしく養鱒場とワサビ田をよく見ます。
ブログネタ 013

ブログネタ 015
無人販売では珍しい水かけ菜と春菊がありました。

そして、
何とも旨そうなのがこのからしみそです。
ブログネタ 012
いかにも熟成しています!
といった様子で酒飲みの自分にはたまりません。

その上、オール100円です。
ブログネタ 016
御馳走さまです。

猪之頭の無人販売所の場所はこちらからご確認いただけます。

伊豆 おススメの風景28 天草のタモ漁(伊豆市大久保)
ブログネタ 001
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

先日、打ち合わせのため土肥に行きました。
道中、海岸に目を移すと、
やっていました!
天草漁です。
ブログネタ 005
2,3mはあろうかというタモを豪快かつ軽妙に操りながら海底の天草を取られています。

西伊豆沿岸は良質な天草が獲れるそうです。
当店の天日塩をつくられている盛田屋さんでは、この天草でところてんを作られており、夏場は製造が間に合わないほど美味しいことで有名です。
ブログネタ 006
今日は波も穏やかで漁が順調のようです。
ブログネタ 003
昨年も見たのですが、たまたましけだったようで、
3mぐらいの波の中で「オーッ!」気合いを入れながら獲っていたのを思い出しました。
ブログネタ 008
今年も美味しいところてんが食べれそうです。

伊豆 おススメの風景27 メタセコイアの新緑(裾野市下和田)
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

先ほど、事務所に戻りました。

お昼ぐらいまでは汗ばむ陽気でしたが、午後から曇り始め気温もグーンと下がったように感じます。
雨が降らなければ良いのですが・・・

以前メタセコイヤの紅葉と絨毯のように落葉した風景をご紹介しましたが、今日は若草色の新緑したご様子をご紹介します。
burogネタ 001
見事な新緑です。
burogネタ 003
若草色が濃く混じりっ気がありません。
burogネタ 004
お近くをお通りの際はぜひお立ち寄りください。

メタセコイアの並木の場所はこちらからご確認いただけます。

伊豆トイレ情報7 萬城の滝
おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日の県東部は快晴で、ところどころ綿菓子のような雲がふんわりと浮かんでいます。
この様子なら昨日のような雷雨の心配はなさそうです。

今日は久しぶりの伊豆の公衆トイレをご紹介します。
burogネタ 005
どこから見てもカブトムシです。
burogネタ 007
中伊豆にある「萬城の滝」公園にある公衆トイレです。

中伊豆では、茶目っ気のある光景をよく目にします。
それはごみステーションです。
中伊豆のごみステーションはお城の形だったり、やたらと芸術的です。
それらは自然豊かな中伊豆にはアンバランスのようですが、それが妙に合っているのです。

その最たるものがこの公衆トイレなのでないかと思います。
結構しっかり造られており芸術の雰囲気が漂います。

肝心の設備の方ですが、
和式トイレでウォシュレットは付いていません。
設備的には十分ではありませんが、比較的掃除は行き届いており山の中にある公衆トイレにしては清潔だと思います。

ご参考にしていただければ幸いです。

萬城の滝の公衆トイレの場所はこちらからご確認いただけます。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.