FC2ブログ
静岡の四季(人・もの・自然)
ネットショップ[こだわり逸品屋]のブログ <商品の紹介> <職人・生産者の紹介> <商品開発秘話> <店長のひとりごと> <世間話>など 静岡の四季折々の画像をおりまぜながら発信!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
御殿場はかなりの積雪です!
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

県東部の雨は先ほど上がりました。

御殿場はかなり降ったようで、
自動車は20cmほどの雪を積んで下ってきます。

東名高速が通行止めのようで、
一般道(246号)が混んでいます。

こちらにお越しの方は、
交通情報をご確認されることをおススメします。




スポンサーサイト



伊豆 おススメの風景46 南伊豆の菜の花畑(賀茂郡南伊豆町)
おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。


季節の変わり目は三寒四温といいますが、
県東部の気温は確かにそのように春に向かっているようです。

今日は身が引き締まる寒さですが、
先週末は小春日和の陽気で日差しは明らかに春の陽光でした。

以下は、先週の南伊豆の風景です。
南伊豆菜の花畑 005
今年は例年より梅も桜も遅いようですが、菜の花も少し開花が遅かったようです。
南伊豆菜の花畑 009
この日は、咲いていました。
南伊豆菜の花畑 004
そこかしこで微笑ましい光景を目にします。
南伊豆菜の花畑 008

南伊豆菜の花畑 015

南伊豆菜の花畑 016
この日は、テレビ局の取材もあったようです。
南伊豆菜の花畑 010

南伊豆菜の花畑 014
今週末あたりいかがでしょうか?

菜の花畑の場所はこちらからご確認いただけます。


店長





寿太郎は西浦みかんのトップブランドです。
こんにちは、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

先ほど、
西浦より戻りました。

午前中はコートを着ていると汗ばむぐらいでしたが、
昼過ぎから急激に冷え込んできました。


寿太郎みかんの仕入れでした。

この時期の西浦はみかん一色といった感じです。
はるみ・はるかなど女性の名前のようなみかんやレモン・黄金柑・金柑などなど・・・
色とりどりのみかんで各店頭はいっぱいです。


なかでも寿太郎みかんは西浦生まれのトップブランドです。
これからひと月ごと、寿太郎→寿太郎プレミアム→寿太郎プレミアムゴールドと甘さが濃縮されたものが順番に出てきます。

寿太郎でも甘さは十分なのですが、
プレミアムからゴールドはほとんどスイーツの感覚で贅沢です。

昨年の天候不順で見てくれは悪いですが、
味は悪くありません。

ぜひこの時期に食べられることをおススメします。

当店でもお取り扱いしています。
お電話かメールにてお問い合わせいただければ詳細をご紹介できます。



店長










裾野ジャーナル読者様、本日の通販は寿太郎みかんです。
おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今朝の県東部は快晴です。
冷え込みは一段と厳しく底冷えする寒さです。

あまりの寒さに、
今年初めてネックウォーマーを着けました。

こちらの来られる方は、万全の寒さ対策が必要です。



本日2月20日(月)号の裾野ジャーナルに掲載されている通販は、
寿太郎みかんになります。

寿太郎は西浦みかんのトップブランドで、
長期熟成された果実は濃厚な甘さと適度な酸味あり、
みかん好きにはたまらない味わいです。

今回も西浦のみかん問屋「丸吉物産」で特別に選別していただいております。

みかんのプロが、品質・価格とも自信を持っておススメする逸品です。
ぜひこの機会にお買い求めください。

※数に限りがございますので、
お早めにご注文頂きますようお願い申し上げます。

詳細は、お問い合わせください。
こだわり逸品屋 055-993-6695


店長





伊豆 無料足湯51 黄金のしいたけ足湯(伊豆市湯ヶ島)
おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

今日の県東部は快晴で冬らしい気持ちのよい青空です。

未明より降り出したのでしょう。
車のボンネットには、5センチほど雪が積もっていました。

空気はひんやりしていますが、
気持ちのよい週末になりそうです。

昨日の静岡ローカルニュースでは、熱海の早咲き桜が5部ほど咲いている様子を紹介していました。
今週末は伊豆の各所で梅や桜が楽しめるのではないでしょうか。


今日は、湯ヶ島の足湯をご紹介します。
伊豆散策の途中にでもお寄りいただければと思います。
足湯 湯ヶ島 027
黄金のしいたけの足湯といいます。
足湯 湯ヶ島 031
ここ湯ヶ島は清助どんこと呼ばれるしいたけの一大産地であります。
上質なものは天白どんこと呼ばれ、料亭なので重宝されています。
そのしいたけのオブジェに見守られるように足湯があります。
足湯 湯ヶ島 028
3人も座ると満員のかわいらしい足湯です。
足湯 湯ヶ島 030
源泉の掛け流しです。(贅沢です)
足湯 湯ヶ島 032
湯温はぬるめです。

お近くを通られた際は、立ち寄られていかがでしょう。


黄金のしいたけの足湯の場所はこちらからご確認いただけます。








伊豆 おススメの風景45 河津桜と菜の花(伊豆半島全域)
おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

現在の県東部は曇りです。
今日は一日曇り空のようです。

昨日も仕入れのために東伊豆に行っておりました。
吹く風は冷たいのですが、日差しには春が感じられるようになりました。

河津桜も咲き始めたようで、河津駅周辺は人と車で混んでいます。
沿道にも早春の菜の花が目立つようになり、季節は着々と春の準備をすすめているようです。


個人的には伊豆の風景で一番美しい組み合わせは河津桜と菜の花だと思います。
蛍光色のような菜の花の黄色と深みのある河津桜の赤。
ベストマッチな色合いです。

これからの伊豆は花でいっぱいになります。
皆さんもぜひ早春の伊豆にいらっしゃてください。


店長


裾野ジャーナル読者様へ、2月14日号の通販はハーブの干物です。
おはようございます、
インターネットショップこだわり逸品屋の店長です。

先日は、早咲き桜で知られる河津町を通りました。
濃い桜色の花をつける河津桜ですが、さすが開花はまだのようでした。

ただ、
つぼみは膨らんでいるようなので、
来週には開花の報告ができるのではと思います。




ところで、
明日発行の裾野ジャーナル(2月14日号)では、
落合ハーブ園のハーブひものをご紹介させていただいております。

原魚は、九州の長崎県産のアジ。
加工は、本場沼津。
ハーブは、落合ハーブ園の無農薬有機栽培のバジルを使用しています。

ふっくらしてジューシーで
バジルの香りがちょっとイタリアン風です。


魚臭さも気にならないので、
魚嫌いな方にもお試しいただければと思います。

今回は裾野ジャーナル読者様お試し価格(税込250円/1尾)にてのご販売です、
詳細は裾野ジャーナル2月14日号にて



店長





Daddy&Mumの手作り生チョコ
こんにちは。
インターネットショップこだわり逸品屋のスタッフNです。

今週の裾野ジャーナル通販では、東伊豆の山間にあるチョコレート工房、
『Daddy&Mum』さんの手づくり生チョコをご紹介しています。

月曜日の「紅茶の生チョコ」は、お客様からたくさんのご注文をいただいています。
ありがとうございます。

さて、今朝の裾野ジャーナルはもうご覧いただけましたか?

今日は、第二弾として「アラカルトの生チョコ」をご紹介します。

お店で1~3番人気の紅茶・苺・ニューサマーオレンジ味を
1箱にまとめたアラカルトは、ちょっとずつ色々な味を楽しめます。

2月9日号画像アラカルト


紅茶の生チョコは
極上クラスの紅茶葉(ダージリン)を使っています。
紅茶の香りがほのかに口の中に広がります。

苺の生チョコは
ホワイトチョコをベースに苺(つぶつぶも)がたくさん入っています。
甘酸っぱい苺とホワイトチョコの味が絶妙なバランスです。

ニューサマーオレンジの生チョコは
ホワイトチョコをベースに、東伊豆ならではの果物を使いました。

ゴディバと同じ原チョコを使い、植物性生クリームにもこだわりがあります。
後味がさっぱりしているのは、そのためです。
素朴ながらも、素材にこだわった本物の味をもつ贅沢な生チョコです。

1箱 950円(税込) 1.5㎝角 24ピース入り

保冷剤をお付けして、Daddy&Mumさんの手提げ袋に入れてお届けします。

プレゼントにもいかがでしょうか?



スタッフN

伊豆Daddy&Mumの紅茶の生チョコ
こんにちは。
インターネットショップこだわり逸品屋スタッフのNです。

傘をさして駅へ向かう人の姿を見るのは何日ぶりでしょうか。
この雨は明日まで続くそうです…

さて、バレンタインデーまで、あと一週間となりました。

バレンタインデーといえば、かつては「女性が本命の彼にチョコレートを贈る日」
でしたが、最近のバレンタイン事情はちょっと違うようで…

義理チョコや友チョコの他にも、自分へのご褒美チョコ、女子会チョコ、
部下チョコなるものがブームだとか。また、男性から女性への逆チョコもあるそう。

今週の裾野ジャーナル通販では、東伊豆の山間にあるチョコレート工房
Daddy&Mumさんの手作り生チョコをご紹介します。

今日、月曜日は「紅茶の生チョコ」です。笑顔が素敵な松本さんご夫婦が
丁寧に作っている素朴でやさしい味わいの生チョコです。

紅茶生チョコ 050


原チョコはゴディバと同じものを使い、紅茶葉も1㎏1万円のダージリンを
使用しています。植物性生クリームにもこだわりがあり、後味のさっぱり感は
他の生チョコと食べ比べてみると良くわかります。

見た目はおとなしい生チョコですが、素材にこだわった本物の味を持つ、
贅沢なチョコレートです。

日ごろお世話になっている方に…?

大切な友達に…?

自分へのご褒美に…?

ぜひ一度、「紅茶の生チョコ」をお試しください。

お値段は

一箱(1.5㎝角 24ピース入り)950円(税込)です。



スタッフN
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.